個人再生返済計画スケジュールを立てる場合

債務整理の手段として個人再生を選んだ場合、返済計画のスケジュールをしっかり立てることが必要です。
原則は3年間で借金を返済しなければなりません。例えば、借金の総額が300万円の場合なら、100万円以上の返済をしなければなりませんので1年間に返済する額は33万円程度ということになります。給与所得者再生の場合は、可処分所得つまり、所得税、住民税、社会保険料を差し引いた額からさらに生活に最低限必要な額を引いた分になります。
個人再生の返済期間は5年間を超えないならば、延長することも可能です。弁済期間延長に関する上申書を裁判所に提出することになります。返済計画スケジュールに関して、専門の弁護士に相談してみるのも良いでしょう。計画が狂ってしまうと、後後にやっかいなので初めの個人再生返済計画のスケジュールは無理なく立てられているかどうかは、非常に重要なことです。
経験則として知られているのは、3年以上の節約生活は難しいということです。これまでの経験も豊富な弁護士や司法書士を選んだ方がより現実的なアドバイスをしてくれるかもしれません。
返済の期間は長くても3ヶ月おきでないといけません。少額の場合は、一括払いも認められています。分割にしないことで振込手数料が安くできるメリットがあります。
一般的には、毎月定額を返済していく方法をとることが多数です。期間を長く取らないことで、入金を忘れてしまうことを防げます。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法