専業主婦の個人再生、注意点は?

消費者金融や銀行に代表されるカードローンは、カードだけで気軽にお金を借りることが出来るため、突然まとまったお金が欲しくなった時に役に立ちます。20歳以上の成人で毎月一定の収入があれば申し込めるため、幅広い人に利用されているのも特徴です。収入のない専業主婦の場合も、銀行のカードローンで専業主婦に対応したところがあり、配偶者に毎月一定の収入があれば専業主婦でも申し込むことが出来ます。一家の家計を支えている専業主婦でも、急にお金が必要になった時にはカードローンが大いに役立つのです。しかし、カードローンはカード1枚でお金が借りられるため、あまり借金をしている感覚がありません。そのため、自分の気がつかないうちに必要以上の借り入れを行っているケースが少なくありません。借り入れをしすぎてしまい、万が一返済が出来なくなってしまった場合は、個人再生や任意整理などの債務整理を検討する必要があります。個人再生は、弁護士や司法書士に依頼して、裁判所に借金の減額と分割返済を申請する手続きです。これによって、返済する借金を大幅に減額し、支払いの負担を大きく減らすことが出来ます。しかし、個人再生はお金を借りている人自身に一定の収入があることが前提であり、収入のない専業主婦の場合はパートやアルバイトをして一定の収入を得ることが、手続きの最低条件となります。ただし、最終的に個人再生の許可を出すのは裁判所のため、必ずしも許可が下りる訳ではない点に注意が必要です。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法