個人再生の手続きの流れとは?

個人再生は借金の返済が困難な状況について裁判所に申し立てを行い、借入総額を1/5~1/10に減額して3年~5年の分割にして支払いを続けるといった手続きになり、減額率は借金の額に応じて決定されます。自己破産と違って住宅などの財産を失うことなく手続きができて、任意整理の引き直し計算であまり減額にならない場合に有効な整理方法です。個人再生は今後も安定した収入が見込めて、住宅ローンを除外した借金の総額が5,000万円以下であれば申し立てが可能です。
個人再生の手続きの流れは複雑で、準備しなければいけない書類も多い事から、個人再生の手続きを考えている方は早めに弁護士または司法書士に相談しましょう。弁護士などが個人再生手続きの依頼を受けると、債権者に受取通知書を送付して、これを機に債権者は債務者に対して取り立てができなくなります。申し立て書類を裁判所に提出して、書類に不備がなく適用できる要件を満たしていると判断されると、個人再生の開始が決定されます。その後の流れですが、まず開始決定から2~3週間後に裁判所選任の個人再生委員とこれからの再生について話し合います。債権額が決まり特に異議申し立てがない場合は債務額が確定となり、手続きが必要になった状況などを説明した報告書や財産目録を提出します。さらに具体的な今後の返済プランなどを記載した再生計画案も提出します。債権者の異議がない場合は再生計画は認可されて、計画案に沿った返済を行うといった流れになります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法